« 岸田文雄総理は自分を知っていない | トップページ | 消費税の税率を上げると貧困層は拡大する。貧困層を縮小させるには消費税廃止がいい »

2023.12.15

家庭を破壊し、さらに国を破壊するカルト(狂信的宗教団体)

本来カルトは、学問・教育を意味する言葉で、なになにカルトと言えば、なになに宗、なになに教と言った意味でしたが、現代では、信者に狂信的な人が多いとカルトと呼ばれるようになりました。信者の状態ではなく、幹部の状態で言うと霊感商法宗教団体ということになります。つまりカネカネ宗教団体です。

反「世界平和統一家庭連合」(以下連合と省略)感情が嵩じた若者に安倍晋三元総理が暗殺された事件以来、連合はカルトということで政府は解散命令請求を出しました。

家庭で親あるいは子に連合信者が出ると、子が反連合になる、あるいは親が反連合になることが多く生じます。安倍元総理を暗殺した若者は親が連合信者になり、家庭が破壊した例です。若者は安倍元総理が総理として連合を支援していることを許せず、彼を暗殺しました。この事件は連合は国をも破壊するとの批判を生みました。

連合で子が信者になった場合、親が心配あるいは怒って子を監禁することが多発しました。全国拉致監禁・強制改宗被害者の会代表後藤徹氏の話では、彼は連合信者で、実に12年間、東京都内のマンションなどに監禁され、信仰を捨てるように強要されたそうです。親を助ける「脱会屋」が存在して過酷な虐待を行ったそうです。彼が解放されたとき、骨皮筋衛門になっていました。反連合の親まで悪魔になっていました。

このような被害を受けた連合信者は過去50年間の間に約4300人にまで上ったそうです。

被害を受けた連合信者に、被害を受けた点について同情しますが、連合は家庭破壊の原因になっていたと思います。信教の自由は重要ですが、家庭を地獄にする連合はやはりカルトです。その連合を選挙に利用してきた安倍元総理は不法不道徳でした。

自民党安倍派は最大派閥で、政治資金パーティーで所属議員がパーティー券を売り、ノルマ以上売った場合、議員はキックバックを受け、さらに裏金化できたという組織的不法が明るみに出ました。安倍元総理とその仲間は心の底までカネカネで腐敗していたことが判明しました。政治派閥はカルトに相当するカネカネ仲間で国を破壊します。

|

« 岸田文雄総理は自分を知っていない | トップページ | 消費税の税率を上げると貧困層は拡大する。貧困層を縮小させるには消費税廃止がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岸田文雄総理は自分を知っていない | トップページ | 消費税の税率を上げると貧困層は拡大する。貧困層を縮小させるには消費税廃止がいい »