« 法の基盤は人々が感じる絶対的力 | トップページ | 神道に教えはないは誤り »

2024.02.03

日本人にとって神道は圧倒的

原始神道は日本人の心に今も生きています。仏教もキリスト教も科学も勝てません。

神社神道は、美しい建物、庭、森林をもつ神社をつくり、神の家を具現し、神を祀る考えで、全国に神社が8万社あると言われています。小祠、神棚を含めれば無数でしょう。

皇室神道は、皇室誕生神話をつくり、皇室は神々の系統であると国民を洗脳し、大規模な神社を設け、無数の神社の上に位置付け、皇室統治の基盤をつくっています。日本人は天皇制は日本の伝統文化と思い込んでいます。

近世、誕生が続いているのが、教派神道で、神社より、教室を重んじています。教えを文章化し、実践し、人生を改善することに注力しています。建物をつくっても神社らしくなく、庭、森林も貧相です。ないに等しいところが多いと思います。苦悩している人の救いとなっていることが多く、定着しています。

神道とは言えない信仰宗教が戦後登場していますが、壮麗な建物をつくって信者をひきつけています。神道らしさがないと定着はしないのではないでしょうか。

やはり、原点は原始神道です。原始神道の研究が重要と思います。アニミズム(未開人の精霊信仰)などと言って古臭い宗教として扱う研究者が多いが、現代に生きてることが見えていません。神社神道に振り回されています。

神道の枝葉に目を奪われず、現代人の心の中に生きている信仰心を研究すると神道の根幹がわかると思います。日本人は清潔好きだ、町にはごみがないと外国からほめられます。清は神道の重要な教えの一つです。日本は安心安全とほめられます。和は神道の重要な教えの一つです。

それなのに自民党の最大派閥清和政策研究所が、不法不道徳にも裏金づくりをやっていたから、名に反するとんでもない政治家ぞろいと日本人は怒っています。議員辞職しないと言っているので人々はますます非難を強めています。清和を否定するようでは信用を失いますね。

 

|

« 法の基盤は人々が感じる絶対的力 | トップページ | 神道に教えはないは誤り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法の基盤は人々が感じる絶対的力 | トップページ | 神道に教えはないは誤り »