« 県後期高齢者医療広域連合は無駄な組織と思う | トップページ | 日本は、性懲りもなく原発を重視しているが、天罰を受けるだろう »

2024.02.12

天罰覿面って真実だと思う

チック・ヤングが、アメリカの日常生活を描いた漫画「ブロンディ」が、1949年1月1日から1951年4月15日まで朝日新聞に連載されました。私の父は朝日新聞をとっていたので、当時は新聞は貴重な情報知識でした。私は母に教えられて新聞を切り抜き、いらなくなったノートにはり、本がわりにしました。

母が私に切り抜きをすすめたのが「ブロンディ」でした。男性が女性を差別する日本の風習に反対し、ブロンディの生き方が意にかなったのでしょう。また、今後は英会話が重要だと言って、漫画に日本語のほかに英語が書いてあったので、英語を私に教えてくれました。私にとっても非常に新鮮で、この漫画を通じてアメリカに親しみを覚えました。

この漫画の中で、極めて印象的だった言葉は「天罰覿面」でした。母が強調したからか、漫画の中での使われ方が非常に印象的だったのか理由は覚えていませんが、頭の中にしみついた言葉です。

人が失敗するのを見て天罰覿面と思うだけでなく、自分も天罰を恐れるようになりました。当時は貧乏でしたから盗む人が多かったのですが、私も、大人達が小学校のグランドで野球をやっているの見ていて、急にグローブが欲しくなり、すきを見て、グローブを盗みました。グローブを失った人は、グローブがないと言って探していましたが、私は知らん顔をして、うまくやったと思いました。と同時に、天罰覿面という言葉が頭をよぎり、私は天罰を受けると思い、罰を恐れ、すぐばれないように盗んだグローブをグランドにもどし、恐怖におののきながら家に急いで帰りました。親には秘密にしました。

特に罰がなく、無事、時が流れたので自分は救われたと思いました。私は二度と盗みはしなくなりました。

あるとき父が大事にしていた植木鉢を割ってしまいました。知らん顔していたら、父が私を呼んで、「割ったのはお前だな」と言いました。私は驚愕して、天罰覿面、やはりばれたか、知らん顔は通用しないと思い、「はい」と言って、父の長い長い説教を受けました。畳に正座して聞いたので非常に苦しい罰でした。うそはばれると悟り、うそはつかないようになりました。

今日でも天罰覿面は真実と思っています。裏金づくりで人々から批判され、動揺している、自民党大物政治家を見ていると、いい歳をして悟りが悪すぎる政治家と思います。日本司法が罰しなくても天が悪政治家を罰します。

|

« 県後期高齢者医療広域連合は無駄な組織と思う | トップページ | 日本は、性懲りもなく原発を重視しているが、天罰を受けるだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県後期高齢者医療広域連合は無駄な組織と思う | トップページ | 日本は、性懲りもなく原発を重視しているが、天罰を受けるだろう »